スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和神社報告

少し日は過ぎてしまいましたが・・・、

先日大和神社での奉納舞は、無事に勤めさせて戴く事ができました。

ありがとうございました。


当日はあいにくの雨模様でしたが、

雨音を聞きながらの静かな拝殿での舞の奉納は、

また格別な雰囲気がありました。

私は、

『20年前の初めての奉納の折も小雨が降っていたなあ・・・』

などと思いながら、宮司様の祝詞に聞き入っておりました。

大和神社は、摂社に水の神様である高龍(本当は龍の上に雨かんむりが付きますが・・・、なぜかうまく変換できません悲しい大神・タカオカミが祭られおり、

古来雨乞いの儀式があったと聞きます。

私の故郷・吉野にも同じタカオカミを祭られた丹生川上神社上社があり、

何も知らずに奉納をさせていただき あとになって深いご縁を感じたものです。


奉納後、

宮司様より、朝からの英霊祭のときも途中より雨が降り出しましたが、

海の中での厳しい戦いをくぐり抜けてきた海軍の方々は、

誰一人として微動だにせず、無言のまま祭りを執り行われた姿は、ご立派でした。

また、たくさんの戦友たちがそんな中で命を落していったことを思うと・・・、雨の中で立つことなどなんでもないと語っておられた。

等というお話をお伺いし、平和ということについて思いを新たにいたしました。


いつのまにか・・・、

20年という歳月が流れ、

今年もこうして奉納ができたことにただただ感謝です。

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。