スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西フィルハーモニー管弦楽団・定期演奏会

知人より 関フィルのコンサートのチケットを戴き、

久しぶりに シンフォニーホールへ・・・。

クラッシックを鑑賞してきました。


flyer351.jpg

"デモーニッシュ"
…大山平一郎が重厚な構築美で迫るフランクの恍惚

悪魔的・瞑想的な技巧と大音響
ニ短調に込めた作曲家の想念が甦る
大山・横山の情熱が輝かしく築かれる一夜!





と題した、関西フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会でした。


指揮者: 大山平一郎

ピアノ: 横山 幸雄

         演目:ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番ニ短調 作品30

フランク   交響曲 二短調



私は、クラシック音楽についてはずぶの素人で、教養はありませんが・・・、

昨日のピアノとの競演は、

ピアノの音色が心地よく、

また、時に力強く、

演奏を聴きながら

不思議と自分の最近の出来事に色々と思いをめぐらすことができ、

心落ち着いた、贅沢な時間を過ごすことができました。



帰ってから、ピアニストの横山氏が気になり、

調べてみると・・・、

なんと一躍有名になった

「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で

日本人初の優勝に輝いた辻井伸行さんの恩師!

炎“炎のレッスン”の師だったのです。


彼の

あの、エネルギッシュな演奏と、

喜びに満ち溢れた笑顔に納得がいきました。




br_banner_frog.gif

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。