スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ならまち上方舞鑑賞会のご案内


年に2回・春と秋に催している地歌舞の会のご案内です

行楽シーズンを迎えた、ならまちでの秋のひと時をお過ごしくださいませ

n020929g.jpg


第23回 ならまち上方舞鑑賞会



●日時   11月14日(日) 午後2時開演

●会場   ならまち振興会館 2階座敷

●主催  (財)ならまち振興財団


―  演目  ―

地歌舞   松 竹 梅       山村 若乙女

演 奏    尾上の松       菊寺 智 子
                     菊萌 文 子

地歌舞   大    仏       山村 若 女



**********



秋の公演は、通常の『ならまち格子の家』での開催より場所を移しまして

『ならまち振興会館』の座敷にての開催となります。

より座敷舞の雰囲気を味わっていただけると思います。

秋のならまち散策を兼ねられてお越しい下さいませ。




●参加費    500円(当日)

  ※ 先着40名さま

●申し込み   ならまち振興財団へお電話にて予約下さい。

  TEL    
0742-27-1820 


n020929e.jpg
 

ならまち振興館は、
奈良の伝統産業・蚊帳を製造していた勝村商店の分家として大正初期に建てられたものです。
2階の応接間に当時、社交の場としても利用されていたらしく、
大正時代の社交場の面影を残しています。
戦後、苗加(のうか)氏が医院を開業。地域の人たちに親しまれた建物でした。

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。