スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝散歩

来月になると、お水取りが始まります。

今朝、久しぶりに 東大寺裏手に位置する二月堂・手向山八幡宮さままで散歩に出かけました。


朝から、奈良は雲ひとつないお天気に恵まれ、

強い冷え込みもなく、凛とした澄んだ空気に包まれて、

たいへん気持ちのよい散歩となりました。



私の家から、歩いて15分もすると東大寺の裏手に着きます。




二月堂に着くと、

来月から始まるお水取りを前に、竹垣が組まれ準備されていました。

110226_075954.jpg 



こちらは、お水取りの主役であるお松明の土台となる、根付きの竹です。

私の住んでいる町(ならきたまちと呼ばれる地域)の人々も、

有志での竹堀り、そして竹送りの奉仕がありました。

私も、

ぜひ参加して見合いと思っていましたが、残念ながらと東京のお稽古と重なり叶いませんでした。



確か、当日の2月13日は、雪の降る寒さ厳しい竹送りの行事となったと記憶します。

整然と並べられた竹を見ると、降りしきる雪の中を運ばれた人たちの思いが伝わってきました。


ひとつの行事を支えるには、たくさんの方々の温かい力があってこそです。

伝統を受け継いでいく事の重みを感じます。

110226_082404.jpg  
110226_082346.jpg 





12日のお水り取の行事が行われる、閼伽井の井戸がある『閼伽井屋』です。

この井戸は、若狭とつながっているために、若狭井とも呼ばれています。

建物の周りは、榊の葉で取り囲まれていました。

ふと、若宮おん祭りの神様が、お旅所に遷られる『遷幸の儀』を思い出しました。

とても大切な神様なんだなあ・・・と、思いました。 


 110226_081645.jpg




 
閼伽井屋のそばには、ざくろの木が植えられていました。

ざくろの原種は、中近東だと聞きます。

砂漠の多い中近東では、らくだにざくろを積んで旅をするそうで、

薬効があり、聖なる食べ物として尊ばれたらしいです・・・。


 110226_082058.jpg




屋根には、う(卯・東)の方向を向いた、鵜が・・・。

110226_081903.jpg 




こちらは、立派な千手観音様がご安置されている四月堂です。

お体から伸びている手が肉感的で、とても存在感があります。

千手観音様は、私・子年の守り本尊様です。 

110226_080133.jpg






四月堂から東南にある、手向山八幡宮様。

東大寺の護り神として、宇佐から神輿に乗られてお越しになられた神様です。

ひっそりと佇んでいる雰囲気が、心落ち着いてお参りできます。

110226_080358.jpg 



朝早くから、地元の方がお参りしていらっしゃいました。 


  110226_080542.jpg





二月堂からの近くの塔頭の屋根に・・・、鬼と合体したような鯱。
          なんだか、おしゃれです!
110226_082933.jpg


 
こちらは、屋根の上に!

ちっちゃいけれど・・・堂々とした鍾馗さまが、がんばって護っておられます。

負けず劣らずおしゃれです!110226_082539.jpg    






陽が上がってくると・・・、シカたちはひなたぼっこに。。。

なぜか、心安らぎます。

110226_083208.jpg
 110226_083229.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。