スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯月を迎えて・・・。



ソメイヨシノ
 


佐保姫の霞の衣ぬきをうすみ花の錦をたちやかさねむ
                                     後鳥羽院(後鳥羽院御集




卯月・・・、

始まりの季節を迎えました。




今年の春・桜の開花は遅く、

まだ、

奈良の桜は顔を出してくれていません。




奈良の山々に、春を呼ぶ佐保姫の美しい姿を見せてくれることを待ち焦がれます。



白く柔らかな春霞の衣をまとった・・・佐保姫が住むといわれる佐保山は、

なら・平城京の東・卯の方向に連なり、

まさに、

佐保姫は、卯の方・・・から 幸せを運んでくれる春の女神そのものと云えましょう。





四月という、言葉の響きには、

明るく華やかで、

何よりも希望に満ちたものがあります。




桜の開花の時期は、一瞬ではかないものですが、

その美しく咲き誇り、

上品で清楚でありながら 潔く舞い散る・・・その様相は、

舞を職とする私にとって

佐保姫とともに憧れであり、理想の姿でもあります。



今月・・・ 四月は、

大和神社の奉納、

住まいのミュージアム座敷舞の会・・・と、

春の催し物が続きます。



桜の華のように、

人々に待ち焦がれられ、幸せや喜びを運べるような、

舞手になりたいと願っています。





COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。