スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を振り返ってみて・・・。

 『感謝!』

今年も終わろうとしています。

私は、今年、『舞』を始めて50年という節目の年でありました。

振り返ってみると本当に恵めれた中で舞の道を歩んでこれたと思います。

しいて言うならば、 

本来なまけものの私に、

神様は少しばかりの問題を与えてくれたのではないかと思うほどです。

まだまだ、求める道は遠い気がいたしますが、

地歌舞の魅力を存分に体現できるような舞手になりたいなあ・・・と願っています。

今年は、

Facebookを始めたおかげで、たくさんの方と良きご縁を頂きました。

50年の節目の年に、いろんなことがありました。

山村流地歌舞 『第10回 なら 玉響の会』

『第40回 ならまち格子の家上方舞鑑賞会』

と、共に不思議に節目の会となりました。

また、たくさんの神様との新たなご縁をいただきました。

20余年ぶりとなる『吉野山・金峯神社奉納舞』

神前神楽の祖社と言える『多神社』での奉納舞、

東京のお稽古の氏神様『金王八幡宮奉納舞』

長年の大和神社と貴船神社のご縁を得て、

念願の自分の故郷である吉野『丹生川上水まつり奉納舞』

『NARANTO・ならんと』様にも取材を受け、

伝統を受け継ぐものとして紹介していただきました。

そして、

120年ぶりの名跡復活となる宗家の『山村友五郎襲名公演』が催され、

娘の若瑞と共に、

先代・先々代の所縁の曲である『菊の泉』を

舞台にかけさせていただいたことは、大変思い出深い出来事となりました。

そして、その若瑞と新たに『座敷舞・舞華会(まいかえ)』を立ち上げ、

奈良と東京で会を催すことができました。

思いつくままに一部を記させていただきましたが、

たくさんのご褒美を頂いたのかしら?と思うほど、

感謝の気持ちでいっぱいでございます。

出会いを頂いた皆様に、ありがとうございます!

今後ともご指導いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

新しき年が皆様に撮りまして素敵な年になりますようお祈り申し上げます。

2014.12.31 山村若女

※写真は、今夏の舞華会での写真です。
 撮影『澤 戢三』
 会場『旅館松前・座敷』


COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。