スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国の方と考える“和の住まい文化劇場”



自動代替テキストはありません。


先日、2月4~6日

大阪暮らしの今昔館主催【上方の生活文化を感じる一日】

というイベントに参加させていただきました。

このイベントは、東京オリンピックに向けての海外の方への日本文化をどう伝えていくかということの実験的なものでした。


海外の方対象に、住まいのミュージアムよりほど近い『吉田家住宅』の座敷にて、

お茶体験・書道体験・山村流上方舞鑑賞をしていただきました。

皆さん非常に熱心にご覧になり、

お陰様で、上方舞は大好評のようでした。



2月4日は、山村若愛之さんに鐘ヶ岬を、

5日6日は、若瑞の黒髪と若女の江戸土産を鑑賞していただきました。

六畳の間に金屏風と燭台を立て舞台とし、八畳の間にお客様が、

座敷舞らしい濃密な空気感を味わっていただけたのではないでしょうか。、

写真は、その時の様子です。






地歌舞『江戸土産』山村若女
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内





地歌舞『黒髪』 山村若瑞

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、夜、室内




無事終え、ほっと一息・・・!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、子供、室内




COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。